チームの情報を最も簡単に残せるツール「STOCK」

stock 未分類

「チャットだと流れていき、ファイル管理だと面倒」この悩みを解決するとために生まれたとう「チームの情報を最も簡単に残せるツールSTOCK」についてメリットとデメリットをお伝えしていきます。

数あるビジネスツールの中でも、最近は日本生まれのツールの人気が高まっています。
やはり日本人が中心となって作るツールの特徴は、職人気質の使いやすさが一番のメリットです。

その中でもこの記事では、最近ビジネスマンの中で話題のSTOCKの魅力について深堀りしています。

STOCKとメリットとは?

ビジネスツールの中で今注目が高い「STOCK」というツールはご存知でしょうか。
「チャットツール?」
「ファイル管理ツール?」

と感じた方がいると思いますが、STOCKはチームのプロジェクトの情報の整理やタスク管理に特化したツールです。だからチャットツールとして使えるし、クラウド上でファイルを管理することもできます。

また使いやすいユーザーインターフェイスが特徴で、初心者でも直ぐに使いこなすことができあす。

STOCKを使えばタスクを忘れない

チームでプロジェクトを進行しているとタスクを忘れてしまったり、部下がタスクを実行していないといったことがよくあります。

STOCKは打ち合わせ毎にノートを作成して、相互にタスク管理をすることでタスクの抜け漏れを確認したり、タスクの再確認が簡単にできます。

チャットツールはノート毎に個別に存在しており、どのようなやり取りをしたのか情報を簡単に残すことができます。

使いやすさがSTOCKの魅力

STOCKは「Evernote」や「Chatwork」などに近いツールですが、ユーザーインターフェイスがシンプルで使いやすいのが特徴的です。

なぜ使いやすいのかを考えてみると、STOCKが他の上記のようなツールと違い、STOCKを使うとターゲティングを会社や学校でのチームプロジェクトに最適化していることです。

例えば「チャットだと流れていき、ファイル管理だと面倒」これを感じるのが、チームでプロジェクトに参加しているときです。

STOCKはユーザーのニーズに最適化しているので、余計な機能もなくてシンプルで使いやすいユーザーインターフェイスが実現しています。

しかしそれは逆をいえば凡用性がなく、誰でもオススメのツールではないということです。

STOCKの料金プラン

なぜSTOCKがチームに最適なツールであるかは、タスク設定などの機能にあります。

ノート形式で会議などの情報をまとめて残していき、そこに画像なども簡単にドロップしていくことができます。チャットツールがノート毎に存在しているので、複数の会議を混同してしまうこともなくなります。

またノートにはタスク設定をしておくことが可能で、プロジェクトメンバー全員でタスク管理をしていくことができます。

日本人の気配りが感じられるSTOCK

STOCKは「ChatWork」と同じ日本生まれのビジネスツールです。それだけに日本人を一番ターゲットを絞って作れれているので、海外の生まれのツールとは違い使いやすさが断然違います。

例えば「Evernote」はアプリは重すぎて使い勝手が悪く、テキストエディターも英語を基本で作られているので使いにくかったりします。

またファイル管理に便利な「Dropbox」ですが、機能がファイル管理に特化しています。ファイルが必要になるごとにアクセスするのは面倒です。

おそらくSTOCKの開発チームもそのような日本人のビジネスマンに最適なビジネスツールはとして考えた結果、STOCKが生まれたのでしょう。

一つのツールで全てが完結するので、意思決定や業務効率がアップします。
またチャット機能は充実しているので、コミュニケーションが活性化も期待できます。

情報のストックとタスク管理の大切さ

なぜSTOCKがチームに最適なツールであるかは、タスク設定などの機能にあります。

ノート形式で会議などの情報をまとめて残していき、そこに画像なども簡単にドロップしていくことができます。チャットツールがノート毎に存在しているので、複数の会議を混同してしまうこともなくなります。

またノートにはタスク設定をしておくことが可能で、プロジェクトメンバー全員でタスク管理をしていくことができます。

まとめ

これまでのビジネスツールは、幅広い層に使える凡用性があるのが特徴的でした。
その点STOCKはそんなビジネスツールのセグメントの中でもしっかりと日本人のビジネスチームにターゲットを絞って作られているので、ユーザーインターフェイスの使いやすさが断然違います。

今後のビジネスツールはSTOCKのようにより細分化された中のターゲットを絞ったツールに、ニーズが高まってきています。

無料版でも基本機能は全て使うことができるので、是非とも試してみてはいかがでしょうか。

無駄な時間をカットして、必ずチームでの業務効率がアップするでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました