求人サイトでよく見かける製薬会社のMRとはどんな仕事なのか?

未分類

求人サイトや求人系の広告でよく見かける職種に「MR」というものがあります。

MRとは、Medical Representativesの頭文字をとったものですが、日本語でいうと「医療情報従事者」とった言葉がよく当てられます。

これだけではいまいちピンと来ない人が多いですが、一体MRとはどんな仕事なのでしょうか?

今回はMRについて具体的な仕事内容や働き方について解説していきます。

 

MRとはどんな仕事なのか?

MRとは製薬メーカーに所属しながら、そのメーカーの作る医薬品の情報を医師を始めとする医療関係のスタッフに対して伝えることを主な業務とします。

以下では、MRの仕事についてより具体的に解説していきます。

 

MR=営業?

転職や就職サイトなどの求人サイトでは、MRは大きなくくりでは「営業」に分類されます。

しかし、一般的な営業職と比べると少し特徴的な部分を持つのがMRです。

例えば、営業職によく見られる納期管理や価格交渉といったような仕事はしません。

薬価は予め決まっており、交渉次第で安く納品したりすることはできません。

また、医薬品の納品に関しても卸会社が納品してくれます。

MRがおこなう仕事としては、その製品に関する情報を伝えることがメインになり、その他、自社の製品を他社製品から切り替えてもらうように交渉をするということも行います。

医療ドラマで頻繁に見かけるMRの姿としては、とにかく医師に媚びを打ったり、接待・お土産攻撃をしているシーンがありますが、最近では医師に対しての接待や物品を渡すことは利益供与に繋がり、業界内でも厳しく取り締まられているため、こうした光景を見にすることはほとんどありません。

MRは医師の他にも、薬剤師・看護師を始めとするスタッフにも製品の説明をおこな

うことがあります。

処方箋を出すのは医師の仕事ですが、医薬品に関する情報は薬剤師と共有しておく必要がありますし、薬の投与方法が特殊なものの場合は看護師も知っておいたほうがいい場合もあるので、看護師向けに説明会をおこなうこともあります。

 

MRの仕事スケジュール

MRは病院を回って情報を提供するのが主なタスクのため、会社に出社するということはあっても、日中は外回りをすることになります。

直行直帰のスタイルも当たり前のようにあり、特に地方配属された人の場合オフィスが自宅近くにないこともあるので、出社するのは月次のミーティングのときだけという人もいます。

新人の場合は上司に同行したりもしますが、独り立ちした場合には自分でスケジュールを組んで病院を訪問します。

エリアごとに配属され、どこの病院を回るかについて言えからの指示があり、それに従って回るということになります。

病院といっても、開業医から総合病院があり、さらに総合病院の中にも大学病院や公立病院・私立病院などの様々な種類があります。

大型の総合病院の場合にはドクターにアポイントを取ることが難しく、特に新規開拓の場合には誰に対してアプローチを取ればよいのかを確認するところからのスタートになるため、根気がいります。

ドクターの空き時間を数時間待ち、1〜2分かけて情報を提供するということも頻繁にあるため、とにかく我慢が必要な職種とも言えます。

 

MRになるには?

MRになるためには、何か特別な資格が必要になるのでしょうか?

また、雇用形態はどのような形になっているのでしょうか。

 

3MR資格というものがある

MRには専門の資格があります。

資格試験を受験するには、定められた期間の講習を受ける必要があるので、製薬メーカーに入社した場合には、本業の他にも決まった時間を儲けて外部の勉強会に参加すすることになります。

試験自体の合格率は高くなっていますが、勉強をしなくても受かる試験ではなく、一発合格できないと社内の評価も上がりませんし、昇進に影響が出ることもあります。

MR資格を持たなければ活動ができないということはありませんが、大学病院を始めとする大型の病院の場合は、MR資格を持たない人の面会を禁じているところもあります。

MR資格の取得は必須とも言えるので、入社してから最初のうちは勉強をすることも仕事の一つと言えます。

 

雇用形態

製薬メーカーに所属するMRの場合、正社員として活動するのが一般的ですが。MRには独特の雇用形態があります。

それがコントラクトMRです。

コントラクトMRとは、契約MRを意味しますが、コントラクトMRを雇用する専門の企業に正社員として勤務した上で、その会社から製薬メーカーに派遣されるという形を取ります。

決められた期間(1〜3年ほど)、特定のメーカーに在籍してその会社の製品のプロモーションを行い、期間が経過したらまた他のメーカーに派遣されるという独特な形態となっています。

もし派遣先で優秀な成績を収めた場合には、そのメーカーから正社員としてのオファーを受けるということもあります。

 

まとめ

MRについて解説してきました。

MRの給料は、一般的なサラリーマンよりも高めに設定されている一方で、厳しいノルマを課されることも当然のようにあります。

製品の効果以外にも、人間としての魅力が問われる職種になりますので、高いコミュニケーション能力と自己管理能力が問われる仕事といえます。

 

タイトルとURLをコピーしました