宅建試験の合格の最短ルート公開!問題難易度の分析が合格へと導く

宅建合格の秘訣 資格試験

宅建資格とは何なのか?

宅地建物取引士の独占業務は以下の通りです。
重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印、契約書面への記名押印。
また宅地建物取引業者は宅地建物取引士を従業員5人に1人置かなければなりません。
宅建は毎年20万人前後の受験者がおり、いわゆる資格試験の中ではトップクラスの受験者数を誇ります。

不動産業界はもちろん金融機関等で資格の取得が推奨されています。法律の基礎知識が身につくため日頃の実生活でも役に立ちます。

宅建試験は問題の過去問の難易度分析を見て勉強する

宅建試験問題難易度

上記の表をご覧ください。会場受験者の正解率です。
会場受験者の70パーセント以上の正解率の問題は間違えずに正解してください。
市販の過去問にも正答率を掲載しているので参考にしてください。
この誰もが正解出来る問題は完璧に正解するとその時点で32点です。
残り18問をなんとか3択まで絞れたら6問正解することが出来ます。
合計すると38点になります。平成30年度(2018年度)の合格点は37点なので無事合格となります。

難しい問題は全員解けないので無視してください。
とにかくみんなが解ける問題をミスしないで解くスタイルが合格までの最短プロセスです。

勉強時間をどう捻出するか?

勉強時間は頑張っても作ることは出来ません。
仕事から帰ってきて、勉強しようと思ってもよく続いて1週間だと思います。
根性で継続的に勉強するのは無理です。まず環境を変えてください。
朝一時間早く起きてください。そして家を一時間早く出ましょう。
会社の近所の喫茶店で1時間勉強することを毎日続けてください。
朝一時間早く起きて家で勉強しても無理だと思います。
喫茶店等とにかく何もすることが出来ないところで頑張りましょう。

宅建試験の合格の最短ルート公開!問題難易度の分析が合格へと導く
タイトルとURLをコピーしました