「スペースマーケット」は部屋を貸したり、借りたり出来る

未分類

スペースマーケットってなんだろう?スペースマーケットはフリー会議室から宿泊施設などの民泊そしてちょっと個性的な物件までをレンタル予約できるサービスです。今回はそんなスペースマーケットについてまとめてみました。

スペースマーケットとは?

スペースマーケットとは、フリー会議室や民泊を利用したい人と逆に貸し出したい人の双方がそれぞれ登録を行っていて、1日単位や1時間単位で物件やスペースなどのレンタル契約を結ぶことができるサイトです。登録物件やスペースには会社のイベントや結婚式・研修場所等としても利用できるものも多くユニークな物件が多いです。

スペースマーケットで借りてできること

スペースマーケットでは、貸し出す側が物件やスペースを掲載する場合でも掲載料金は無料となっているので手軽に掲載することができます。スペースマーケットに登録されている物件(宿泊、撮影・収録、ビジネス、趣味・物販)はとても多岐にわたっているため借りたい人が目的によって適した場所が選べるようになっています。

旅行の計画をを立てていて民泊したいような人には宿泊施設を、急ぎの会議などを開かないといけないような人にはフリー会議室がないかなど調べたりすることもできますし、物販スペースなどもレンタルできるので自分が趣味で作ったものなどを売ったりすることもできるし、普段とは違うエリアでの調査的な出店も可能です。

スペースマーケットを利用するには

スペースマーケットはウェブサイトのほかにアプリも配信されているためにいつでもどこでも気軽・簡単に利用することができます。そんなスペースマーケットですが、スペースマーケットを利用するにはまず会員登録をしなくてはいけません。登録において難しい項目はなく、メールアドレス・パスワード・氏名・プロフィール画像登録すれば登録が完了です。フェイスブックなどと連動させての使用も可能です。

スペースマーケットの利用方法

スペースマーケットに掲載されている物件やスペースは、それぞれのカテゴリーによって分けられています。宿泊・イベント・会議パーティーなど用途ごとに検索することができるので面倒な検索の手間が省けます。自分が利用したいカテゴリーをチェックすると、次に価格帯やエリア、宿泊の場合ならチェックイン・チェックアウトの時間、利用人数等さらに条件を指定することができます。細かい条件を入力すると、条件に当てはまる物件を選んでもらえるので、その中からニーズに適した物件を簡単に探し出すことができます。

スペースマーケットで予約する

使用したい物件が探せたら、その物件の空き状況の確認をして、利用したい日に空いていればそのまま予約をすることができます。利用人数や設備細かい条件等がしっかりと書かれているので、使用する前に希望物件の最終チェックをすることができます。設備情報等でわからないことがあれば、物件を載せている貸主であるホストとメッセージで連絡を取ることもできるので、メッセージをやり取りすることによって不安を解消することができます。

質問に対する返信があるまでの目安時間なども掲載されているので、返信が無い…と気をもんで待つ時間も長くありません。

予約後に支払い

予約が完了すると、使用料金は先払いになります。支払い方法はプリペイドカードやクレジットカードなどを選ぶことができます。アンドロイド端末限定でGooglePayでの支払いもできます。これでレンタルに関するすべての手続きが終了です。あとは当日に現地を訪れるだけです。

民泊などの場合には、チェックインやチェックアウトの時間が決まっていて、その時間を守らないと予約を取り消される可能性もあるので、きちんと時間など条件は守りましょう。サイトにはしっかり周辺の地図も掲載されているので、それを参考に建物を探してみましょう。

スペースマーケットで予約した民泊先は安全なの?

ホテルに泊まるのと違って、民泊にちょっと不安がある…という人もいるでしょう。スペースマーケットのサイトに乗せられている宿泊の安全性ですが、掲載施設はすべてが身分証明済の施設なので危険な物件と言うものはありません。その安全かどうかの判定は第3機関に依頼しているので、安全性は保たれています。それでも何か不安がある方は、掲載しているホストの方と直接連絡を取ることもできるので、気になる点があれば聞いてみて気になる不安や疑問は解決するようしましょう。

レンタルスペースのまとめ

レンタルスペースでは、今まで借りるという概念のなかった「1時間単位でのスペースの利用」などができるので、古民家を借りての撮影や、いつもと違う環境で、子供にオセロやトランプを教えたいと言った変わった願いを叶えることもできます。今まで無理かも…とあきらめてたこともできる可能性を持ったサービスなので、サイトを覗いてそのスペースの新たな使用方法を考えるのも面白いと思います。

タイトルとURLをコピーしました